美容専門 amare❤︎news

’’体も心も綺麗に’’ トータールビューティーを目指す方へのエステティックサロン・アマーレです。  施術例や専門的なこと、キャンペーン情報などをお知らせしていきます。

2016年11月


カニに含まれる栄養素と効能

 
色々な効能を持つ「タウリン」


 ●コレステロールを下げ動脈硬化を予防

 
カニの甲羅にはタウリンが多く含まれます。

タウリンには善玉コレステール(HDL)レベルを維持しながら悪玉コレステール(LDL)を降下させる働きがあります。

このため動脈硬化の予防に役立ちます。

また他にも悪玉コレステロールが要因となる様々な生活習慣病の予防にも効果が期待されます。


 ●胆汁を分泌し肝機能を強化

タウリンには胆汁の分泌を促進させる働きがあります。

このため弱った肝機能を再生し、肝臓の解毒機能を強化します。

アルコール分解速度が速まるため二日酔いの症状緩和にも効果があります。

また肝臓内に蓄積された中性脂肪を取り除き排出するのに必要なのが胆汁や胆汁酸なのですが、タウリンにはこの胆汁や胆汁酸の分泌を活発にする働きがあるため、脂肪肝の改善にも効果があると言われています。


ダイエットや美肌に有効?「ナイアシン」


カニの甲羅に多く含まれるナイアシンには血行を良くする効果があります。

またナイアシンには細胞の生まれ変わりをサポートする働きがあるため美肌効果が期待できます。

さらにナイアシンには脂質、糖質、タンパク質を分解する酵素の働きを補助する働きがあります。

体のエネルギーの約60パーセントから70パーセントがナイアシンの働きによって生み出されているとされており、ナイアシンを積極的に摂取するとエネルギーへの分解効率が高まることからダイエットにも効果があるとされています。

カニのカロリーは低い?


カニのカロリーは種類ごとに異なります。

100gあたり
 
ズワイガニ 63kcal

タラバガニ 59kcal

毛ガニ 72kcal

紅ズワイガニ(カニ缶)1缶55gで約40kcal

と以上のようです。
カニの可食部率(食べられる部分がどのくらいかの比率)はとても低く、40%~45%と言われています。

それを踏まえて、1杯あたり計算してみますと…

ズワイガニ一杯 (重さ600g可食部270g)175kcal

タラバガニ一杯 (重さ1300g可食部520g)416kcal

毛ガニ一杯 (重さ600g可食部240g)204kcal

になります。

もちろんカニの個体差があるのであくまでも目安になりますが…。

カニ1杯でも十分おなか一杯になることもありますので、ファーストフードなどに比べればかなりカロリーは低いと言えます。


カニのアスタキサンチンでダイエット効果

 
カニをゆでると赤くなるのは、強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンというカロチン色素のためです。

このアスタキサンチンによって運動時に消費される体脂肪量が上がると言われています。

というのも、運動時は通常ですと、はじめは糖質がエネルギーとして使われるようになっていますがアスタキサンチンは糖質よりも脂肪をエネルギーとして優先させる働きがあるためです。

ですので、ただアスタキサンチンをとってもあまりダイエット効果はないかもしれません。
日々の運動に加えて、摂取することで脂肪燃焼効果があがりダイエット効果が期待できます。

もちろんランニングなどのしっかりした運動の方が効果はありますが、通勤などのちょっとした運動でも脂肪燃焼効果は多少期待できます!

また、脂肪燃焼効果より、メタボリックシンドロームの改善、他にもアスタキサンチンは摂取するとビタミンAに変わりますので、悪玉コレステロールの抑制、動脈硬化の改善などの効果があります。

アスタキサンチンの抗酸化力で美肌効果


アスタキサンチンには強い抗酸化力があり、それは栄養素の中でも抗酸化力が高いと言われているビタミンEの約100倍~1000倍と言われています。

抗酸化力は活性酸素による肌の老化をふせぎ、また、コラーゲンを作り出す働きを促進させますので、コラーゲンの減少によるしわやしみやたるみを予防する効果があります。

 いかがでしたでしょうか。

カニはカロリーが低く、体に必要不可欠な栄養もたくさん含まれています。

低カロリー、高たんぱくというダイエットや体つくりにはもってこいの栄養バランスですので、ぜひ積極的に食べましょう!
 
お財布が許す限り、たくさん食べたいものですね!
 

 

シミで悩まれている方へ

皮膚科のレーザーをあてるか、
アマーレの低周波(肌にやさしい電気)をあてるか・・・???
比較してみましょう。


IMG_3030

★シミがある場所はターンオーバーがストップしています。

【レーザー光線をあてた場合】
シミにレーザーをあて真皮まで到達すると、レーザーが通った細胞は死んでしまい、新しい皮膚は作られなくなります。
細胞が動かなくなるので、レーザーあてた周辺に回り込んで新しいシミが出来る場合があります。
また、赤黒く色素沈着が当分続き、陥没や再発の可能性も大です。

【シミZERO低周波(肌にやさしい電気)】
低周波ペンシル(写真のイメージです)は必要な部分のみあてます。

しみ

一度消えたシミは二度と再発しない。
細胞間の養分のキャッチボールが安定し、張りと潤いが促進されます。

シミZERO低周波ペンシルは
人間が本来持っているターンオーバーを復活させる方法です。

皆さん、おはようございます。

最近は日中でも肌寒くなり、こないだ霰も降りもう冬を感じました。

昨日、カニが解禁になりましたね。今年は去年に比べて数が少ないようです。

さて、今回は寒さで体が冷えると肌にどのような影響を与えるのでしょう。

空気が冷たいと、体はこんな状態になる!



空気が冷えてしまっていると、体も冷えますね。


人間には体温を一定に保つ機能が自然に備わってはいますが、冬のように極端に寒いと、


その機能が追い付かなくなってしまって体が冷え切ってしまったり、逆に保温機能がフル稼働してエネルギーを多く消費して疲労してしまうことがあります。


すると冷えを招きます。


体が冷えるということは、血行が不順になるということに等しく、血行が不順になるということは、


体の器官のあるゆる機能が低下してしまうことに等しい。


つまり、腸だって不調になって便秘や下痢を招いたり、胃が悪くなれば消化不良、


肌ならハリやツヤが減退してしまうのです。


血液というのは、体中にあらゆる栄養分や水分を送っていますから、
肌に必要な栄養分や水分が十分に送られないと、血色が悪くなるばかりか、ドライ肌になってしまったり、

老化
が進行しやすくなってしまいます。


抵抗力(免疫機能)も低下してしまうので、外的な刺激にも弱くなり、傷の修復も遅れてしまいます。


スキンケアは、暖かく行うことが大切!


体は、冷めてしまっていると外的な刺激に敏感になって、傷もつきやすくなっています。

そのため、スキンケアをするときは、暖かい部屋の暖気にしばらく体(肌)をさらしてから行うことが望ましいと思います。

冬なのですぐには温まらないかもしれませんが、なるべく体を冷気にさらさないようにすることを念頭に置いておけば良いです。


もちろん外出時には困難ですが、スキンケアは主に自宅ですることが多いと思うので、あらかじめ家中をポカポカにしておくことをオススメします。


寝るときも、体を冷やさないように注意しましょう。
なお、家計的(光熱費など)な事情もあると思うので、できる範囲で良いと思います。


また、時間があるなら、蒸しタオルなどを用意して肌に乗せるだけでも、血行は改善されます。オススメですよ♪


それでは体を冷やさないよう心がけて明日も美しく頑張りましょう。

 

↑このページのトップヘ